■前提条件
NTTのフレッツ光の契約があり、ホームゲートウェイが接続されていて、すでにインターネットに接続できる。

■やりたいこと
フレッツが接続されている状況で、FortiGateのを入れて、セキュリティの高いネットワークにする。

■構成図
現状は左です。インターネットにフレッツで接続しているので、HGWの配下にPCを接続しています。
FortiGateを導入した構成は右です。
注意点として、HGWで割り当てられるIPアドレスは192.168.1.0/24のネットワークであり、FortiGateのデフォルトのLAN側のIPアドレスも、192.168.1.99/24で、セグメントが重複します。なので、FortiGateのLAN側のIPアドレスを、10.1.1.1/24に変更します。
fortigate
■設定する内容
FortiGateのでは、初期設定がされているので、LAN側のIPアドレスを変えるだけでこの構成を構築することができます。
では、実際にやってみましょう。
①PCとFortiGateのPort1をストレートケーブルで接続します。
 PCにはFortiGateのDHCP機能により、192.168.1.x/24のIPアドレスが割り当てられます。
 
ipconfigで見てみると、次のようになっています。
C:\>ipconfig
Windows IP 構成
イーサネット アダプター イーサネット:
  接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
  リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::XXX
  IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.1.110
  サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
  デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.1.99

②https://192.168.1.99/にアクセスします。
admin PWなしでログインします。

③NetworkのIngerfacesにて、internalを選択(ダブルクリック)。IPアドレスを10.1.1.254/255.255.255.0に変更します。
2
あとは、PCをFortiGateのLAN側に接続するだけです。

スポンサードリンク