FortiGate Virtual Applianceをためしてみました。

【前提条件】
・インターネットに接続できる必要がある
・TIME Zoneの設定が必要(らしい)
・(当然ながら)ライセンスが必要

【設定】
・ovfファイルが4つありますが、
FortiGate-VM64.ovfでいいと思います。
仮想基盤上に展開するのは簡単でしょう。
・起動するとCLIが立ち上がります。

・ログインはいつもの初期設定と同じ
id:admin
PW:(なし)

で入れます。

・port1の設定
初期設定はDHCPでの自動取得になっています。
念のため、設定を確認しましょう。
# config system interface
(interface)# edit port1
(interface)# show

DHCPになっていることが分かると思います。
どんなIPが割り当てられたかは、以下のコマンドでわかります。
# get system interface
※または、get system interface physical

・TIME Zoneの設定
#config system global
# set timezone 60
#end

・GUIでアクセス
上記の割り当てられたIPアドレスにGUIでアクセスします。
https://192.168.0.3/

・ライセンスが無いと怒られるので、ライセンスをいれます。

・再起動して、しらばく動かなかったのですが、あきらめて新規に上記URLにアクセスすると、正常に通信ができました。
(うれしい!!)

スポンサードリンク