FortiAnalyzerとは
FortiAnalyzer は単体、複数の FortiGateから収集したログを分析、レポートすることを容易に実行できる製品です。
FortiGateを勉強する女性SE (20)
 
ログを集めるSyslogサーバみたいなものですね。
集めるだけなら、Syslogサーバで十分では?




ログ管理は何か問題となることが発生した時に、その時系列や何処が起因しているかを調べる為に使います。

ポイントは素早く探したい場所にたどりつき、前後関係を判断できるかです。
Syslogサーバーの管理ではログをフィルタし、対象を探していきます。

FortiAnalyzerを利用すると、時系列の関連性をGUIから確認したり、
対象期間をフィルタしてレポートを作成させることで前後関係を視覚的に判断できるようになります。

これは問題発生の確認や、定期的な状況把握にも利用できます。

構成
FortiGateとは、ネットワーク的に接続されていれば構いません。FortiGateのポートを、FortiAnalyzer専用に接続しても構いません。

ログ処理は、

・リアルタイムに FortiAnalyzerへ送信する
・定期的に保存したログを FortiAnalyzerへ送信させる

の2つのパターンを選択できます。

リアルタイム性を考慮する場合は、出来るだけ FortiGateと FortiAnalyzerは近いポイントで設置する
構成が望ましく、定期的な場合は拠点間の回線帯域を圧迫できない場合に利用されます。

また専用のストレージを使うことで長期間のログを保存し、そのデーターから様々なレポート、
必要期間のデーター抽出を実施できます。

導入構成は単体、冗長、親子連携と様々な構成にマッチした内容で導入できます。

単体の場合、FortiAnalyzerは冗長化していませんので NAS等に定期的にログを
Updateした方が望ましいです。

冗長構成の場合、NAS等のストレージを設けることなく FortiAnalyzerを冗長できます。

親子関係とは、Analyzer(親)、Collector(子)の関係を FortiAnalyzerで構築します。

FortiGateは Collecotrにログを転送します。
Collectorは定期的に Analyzerへ保存したログを転送します。
Analyzerは Collectorから転送されたログをレポート等にまとめます。

これは FortiAnalyzerの負荷分散、FortiGateが集線する回線帯域により構成をさせるものになります。


また FortiAnalyzerもハード(物理)、仮想化(VM版)と様々な環境に適応させることが出来ます。

FortiGateを勉強する女性SE (17)
FortiGateがHAを組んだ場合は、両方のログを出力するのですか?






その場合は、FortiAnakyzer側で FortiGateを登録する際に HA(クラスタ)として認識させた
登録が可能です。
登録後、FortiGateの(Active、Slave)両方のログを管理できるようになります。

価格
管理するデバイスが最小 5台で、約 50万円からスタートします。

管理画面は複数のデバイス、ログ内容を視覚的に見やすく確認できる GUIとなっています。
Top画面)
FortiAnalyzer-Top

FortiView)
FortiAnalyzer-view