FortiGateの設計/設定ガイド

FortiGateの設計・設定方法を詳しく書いたサイトです。 FortiGateの基本機能であるFW(ファイアウォール)、IPsec、SSL‐VPN(リモートアクセス)だけでなく、次世代FWとしての機能、セキュリティ機能(アンチウイルス、Webフィルタリング、SPAM対策)、さらにはHA,可視化、レポート設定までも記載します。初期化方法やバージョンアップなどの管理面も書いています。標的型攻撃を守るためのゲートウェイとしても導入されることが多いので、セキュリティ機能に関しては充実した記載を心がけます。

カテゴリ:2.基本設定 > 2.7 管理系の設定

FortiCloudで無料アカウントを作成したのですが、すこしトラブったので記載します。

以下にログインおよびアカウント作成のページがあります。
https://login.forticloud.com/servicelist
a













ここでログインに成功するアカウントで、何度FortiGateでログインしてもエラーになりました。
※アカウントはダミー
c
日本専用のJPサーバでのアカウントと、別のようでした。
https://jplogin.forticloud.com/login
b
こちらでログインできるアカウントであれば、無事に成功しました。

時刻設定の方法を解説します。
タイムゾーンの設定
①「ダッシュボード」「システム情報」から「システム時間」の「変更」をクリックします。
timezone

②時刻設定の画面が開きます。
ここの「タイムゾーン」で「GMT+9:00」を選びます。
time

NTPサーバとの時刻同期の設定
デフォルトで、FortiGateのNTPサーバと同期する設定になっています。
NTPサーバを手動で設定する場合は、上記画面の「マニュアル設定」で実施します。

FortiGate自らをNTPサーバとして動作させる
上記の「デバイスをローカルNTPサーバとして設定」をクリックする。
ntp

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ