FortiGateの設計/設定ガイド

FortiGateの設計・設定方法を詳しく書いたサイトです。 FortiGateの基本機能であるFW(ファイアウォール)、IPsec、SSL‐VPN(リモートアクセス)だけでなく、次世代FWとしての機能、セキュリティ機能(アンチウイルス、Webフィルタリング、SPAM対策)、さらにはHA,可視化、レポート設定までも記載します。初期化方法やバージョンアップなどの管理面も書いています。標的型攻撃を守るためのゲートウェイとしても導入されることが多いので、セキュリティ機能に関しては充実した記載を心がけます。

8月19日(木)20時から、インフラエンジニアBooksで講演

ここだけの内容をお話します

「技術書を100倍楽しむ」というコンセプトで、インフラエンジニア向けの書籍を取り上げ、その著者を招いてのライブトークをするインフラエンジニアBooks。
私が紹介する書籍は、私がネットワークエンジニアとして長年積み上げたものの集大成としての本である「ストーリーで学ぶ ネットワークの基本」(インプレス)です。

この「インフラエンジニアBooks」の企画は昨年に始まり、私がちょうど1年(12回目)の記念すべき会です。呼んでいただき、ありがとうございます。
すでに100名を超える方にお申込みいただきました。基本を学びたい初学者の方だけではなく、「復習のため」「後輩や部下に進める本を探している」といった方のお申込みもいらっしゃるようです。
私の持ち時間は50分しかありませんが、せっかくお呼びいただいたので、ここでしか話せない内容をお話したいと思います。

infra-eng-books.connpass.com

上記のURLにありますが、以下のような内容で、司会の永江さんから質問があるようです。(お答えできないものもあるかと思いますが・・・)
無料ですので、是非ご参加ください。申し込みは上記のConnpassのサイトから!!

トーク内容

(以下は上記ページより引用)
■この本の魅力、コンセプトからお金の話、裏話まで、全部聞いちゃいます!■

司会の永江が著者の左門氏に、この本の魅力から、公にはされない出版に関する裏話まで、ズバズバと質問します。
インフラエンジニアBooksでしか聞けないことをお話しいただける……かもしれません!

例えば……
・ネットワークの本なんてたくさんあるけど、なぜこの企画だった?
・どんな読み方をすると、知識が身につくの?
・著者は左門氏だが、全部ひとりで書いた?
・制作にあたり、苦労したことは?
・ズバリ!印税はどれくらい?
・著者と出版社で意見が割れたら、どっちの意見が優先される?
・本を書くのに何カ月くらいかかった?
・本を書くのは楽しい?

上記以外で聞いてみたいことがあればTwitteで「#インフラエンジニアBooks」を付けて呟いてください!